ここが違います

違いをもう少し詳しくお話ししましょう

当社と他社では「変電設備やメーターの持ち主」が異なります。


A.一括受電を行なっている会社 --> 他社


B.マンションの「大家さん」又は「管理組合さん」 --> 当社


さてここで、そもそも電気代に含まれる費用とは何でしょうか?


電気代には電気そのものの値段以外に下記のものが含まれます。


a.電力会社さんの検針員の経費


b.変電設備機器(マンションや、町中の電柱やそれらに付いているトランスなどの機械)等の維持管理経費


c.各住宅(戸建、マンション、店舗)等に付いている電気メーターの維持管理経費


それで、マンション内にある電気の供給に関する設備をマンションの大家さんや管理組合さんの持ち物とした場合のみ、つまり「B」のみ、経費や維持管理費の載っていない電気をまず買うことができます。材料だけを仕入れるというイメージがわかりやすいでしょう。


そして、「a~c」に関する作業は大家さんや管理組合さん側でも行なうことはできなくはないですが、すごく面倒で手間のかかることなので、この部分のみ当社のようなプロに任せましょうというものです。


つまり「a~c」の経費や維持管理費の載っていない電気をまず買っていただくというシステムを採用しているのは当社だけです。


なお、他社は電気の設備を自分達の物とすることにより、利益も延々と取り上げることが前提にあり、人様の建物で、場所を借りて、電気の仲介販売をしその差額を儲けにしているのです。


つまり電気設備の持ち主が従来の電力会社さんから別の会社に変わっただけと言っても過言ではありません。


前へ:他でもやってるの? 次へ:オンリーワンなしくみ

マンションの電気代を削減