オフィスビル向け

オフィスビル受変電設備更新システム(新築時導入も可能)
モデルケース

4階建てオフィスビルを所有しています。
知らない間に30年が過ぎ、キュービクル(受変電設備)の調子が悪く慌てて頼みましたがスムーズに工事ができて壊れる直前に替えることができました。


それから今までは関電から来る請求をそのまま戸数で割って入居者に請求していましたが、安価なのでお金が貯まっていませんでした。
そこで請求書の計算も 汎光電気(はんこうでんき)でやっているとわかり、 委託してやっていただきとても助かりました。


これで利益も出て次の更新時に向けお金を貯めたいと思います。私達のような小さなビルオーナーは知らないことが多く助かりました。


導入目的
yajirushi6 新築時より年数経過により高圧受電設備を更新しなければならない

yajirushi6

新築時よりテナント各室の電気料金を自主計算してきたので、手間がかかり過ぎている

yajirushi6

新築時よりテナント各室の電気料金自主計算(管理会社任せ)してきたので、電気料金の差額を取ってこなかった

yajirushi6

新築時よりテナント各室の電気料金自主計算する場合の経費、利益計算の方法がわからない


当社一括受電システムを応用導入すると
yajirushi6

高圧受電設備の施工経験が豊富なので安価に安全な工事が出来る。キュービクル式、オープンフレーム式共経験が豊富。

yajirushi6

電気料金計算知識が豊富なので、オーナーのテナントに対するサービス等への対応が可能。

yajirushi6

請求書発行管理は、マンションでの請求書発行代行ソフトをそのまま転用が可能

yajirushi6

オーナー直接請求から、当社システム導入による請求書発行会社変更で、料金の計算変更理由が言いやすい。(電力会社と同等)

※電力量計の更新も行うとより電気料金の値上がりに対する案内が行いやすい。(オフィスビルは更新をしていない場合が多い。)


当社一括受電システムを導入するメリット
yajirushi6

電気料金を自主計算してきた手間を省ける

yajirushi6

電気料金を既存電力会社と同等にする事で、差額利益が得られる

yajirushi6

電気料金の計算結果(テナントへの請求金額、当月電気料金差額収益額)等が早くわかる

yajirushi6

PPS導入(既存電力会社からの高圧電力購入)の調査、交渉の手間が省ける

yajirushi6

PPSの導入で、差額利益の拡大が出来る

yajirushi6

当社システムをリースで導入する事が出来る。出費の抑制


当社一括受電システムを導入に関する補足
yajirushi6

検針業務は、オーナーサイドでの業務。(従来通り)

yajirushi6

代行作成の請求書の配布は、オーナーサイドでの業務。(従来通り)

yajirushi6 請求書発行代行費用の経費が発生、検針・請求書郵送の場合は別途料金。

マンションの電気代を削減